腸の免疫力が低下する原因

腸の免疫力が低下する原因

腸内細菌のバランスが悪くなると、体全体の免疫力が低下します。この原因にはいくつかあるため、詳しくチェックしてみましょう。

 

@ 加齢
加齢により腸内細菌が悪化し、善玉菌が減って悪玉菌が増える傾向があります。急にバランスが悪くなるのではなく、年齢ともにゆっくりと腸内環境が悪化していきます。さらに老化によりパエイル板の作用も落ちるため、免疫力が低下してしまいます。

 

A 食生活の乱れ
ジャンクフードが多い人、脂肪やたんぱく質を多く食べる人に腸内環境の乱れが見られます。乳酸菌入りのヨーグルトや、味噌などの発酵食品などの摂取も少ないと、善玉菌が育ちません。

 

B ストレス
ストレスも悪玉菌を増やす原因となります。ストレスは自律神経の働きを見出し、下痢や便秘などを伴うからです。

 

C 運動不足
適度な運動は血流を良くし、腸内環境を改善するために役立っています。1日中座っているデスクワークの方、運動習慣が少ない方も注意が必要です。高齢になると自然と運動習慣が少なくなる人も見られています。

 

D 薬
抗生物質や抗がん剤なども腸内環境を乱す原因となります。薬を飲んでいる方は、医師や薬剤師に相談しながら、ラクトフェリンなどで腸内環境を整えましょう。