パイエル板

パイエル板

ラクトフェリンで腸内環境を整えると、様々な病気予防にも繋がるのは、腸にあるパイエル版という組織が重要だからです。小腸に20〜30個ほど存在する部分で、腸内の免疫機能に重要な役割があります。

 

パイエル版は体内に異物が入ってこないかの司令塔の役割を果たしており、問題がある細菌やウイルスの進入で免疫細胞に指令を出します。それによりT細胞などの白血球画像化し、ただちに異物へと攻撃します。体内で毎日発生しているといわれるがん細胞には、NK細胞が活動をはじめ、増殖しないように対処しています。

 

これらの免疫細胞は24時間365日絶えず体を見守っており、私たちを病気から救ってくれる存在なのです。がん細胞は健康な人でも体内で発生しているのですが、がん専門の免疫細胞であるNK細胞が働くことで増殖せず健康な状態が保ています。

 

これら免疫細胞に関わるのがパイエル板で、ラクトフェリンはこの部分に働きかけ、免疫力を活性化してくれることができるのです。だからこそラクトフェリンが腸内環境を整え、それにより全身の免疫機能がアップします。単なる腸を健康にする食品ではなく、様々な病気の予防にも役立てることができます。

 

バイエル板は悪玉菌が増えると機能が落ちるため、ラクトフェリンで善玉菌を増やすようにしましょう。