悪玉菌が増えると?

悪玉菌が増えると?

悪玉菌が増えると体になにも良いことはありませんから、ラクトフェリンを摂取して腸内環境を整えることは大切なのです。

 

@ 消化吸収が落ちる
腸は食べ物を消化して吸収し、体に取り込んでいます。悪玉菌が多いと栄養がきちんと吸収されず、内臓などの働きが低下することがあります。乳酸菌はビタミンB群を作っているため、栄養が低下してしまいます。

 

A 有害物質が増える
悪玉菌はアンモニアなどの毒素を発生させ、血液を通し全身に運ばれれば、細胞にダメージを与えてしまいます。

 

B 免疫力の低下
病気にかかりやすくなったり、免疫のの異常が出て自己を攻撃する病気やアレルギーが起こります。

 

C ホルモンバランスの乱れ
女性にとって見逃せないのがホルモンバランスの乱れでしょう。腸内の悪玉菌の影響もあるため、肌荒れやイライラなどが起こりやすいと感じます。腸の働きが低下すれば、ホルモン生成にも問題が起きてしまいます。

 

D ぜんどう運動が弱る
腸のぜんどう運動が弱れば、便を排出しにくくなり便秘となります。悪玉菌が停滞すれば、腸内はアルカリ体質となり、病原菌から守る働きが低下してしまいます。

 

このように5つの悪影響があるため、ラクトフェリンで腸内環境を整え、悪玉菌を減らし善玉菌優勢にすることは大切なことなのです。